愛車に合わせたカーポートの設置を

 

愛車を雨や雪、汚れから守る役目を果たしてくれるのがカーポートです。


皆さんはどんな愛車に乗られていますか? 車にはセダンタイプ、スポーツカー、ファミリータイプなどさまざまな種類がありますし、世帯構成や住んでいる地域、趣味などによっても異なるかと思います。

そこで今回は、皆さんの愛車に合わせたカーポートの設置についてご紹介いたします。




■神奈川県厚木市は、車両保有率が高い地域



日本自動車販売協会連合会神奈川支部によると、厚木市における車両保有台数は76,591台(平成30年3月時点、市区町村別)。免許が取得できる18歳から免許返納率が高くなる70歳までの人口が厚木市では152,111人ということから、2人に1人は車を保有しているということが分かります。厚木市は首都圏においても割と車が身近にある地域だといえるでしょう。


車を生活で使用することはもちろん、車好きでご自身の好みの車種に乗ってカーライフを楽しんでいるという方も多いのではないでしょうか。しかし、生活に必要だからといってもう1台購入するとなると、それ相応の資金が必要となるのが現実です。今持っている車をなるべく長い間、大切に乗りたいと考える方は多いでしょう。




■青空駐車による車へのダメージは想像以上に大きい



車は、天候が悪くても雨などを気にすることなく乗れたり、お天気が良い日は快適なドライブを楽しんだり、買い物に出かける時にもたくさんの荷物を運ぶことができたりと、とても便利は乗り物です。

運転する際に燃費良く長く乗れるようにと考えるのももちろん大切ですが、車は雨や紫外線といった外からのダメージに弱く、その劣化は見えにくいものの確実に進んでいくということを認識しておく必要があります。


駐車するスペースの関係で太陽や雨にさらされる青空駐車をしている方もいらっしゃるかもしれません。塗料がかなり進化したことにより、以前に比べて塗装の劣化の進行は遅くなりましたが、青空駐車による車へのダメージは相当大きいのです。




■カーポートなら愛車の大きさに合わせて設置できる!



とは言っても、ガレージを作るまでの費用を捻出することが難しい、そんなスペースが無いという方もいらっしゃることでしょう。そんな方におすすめなのが、施工時間も短く、手軽に導入できる「カーポート」です。


お家のデザインイメージを壊すことなく、車の大きさに合わせた設置が可能となっております。


最近のカーポート開発では、デザイン性の向上、省エネ効果などに重点が置かれています。

屋根材に40mm厚のアルミを採用し、軽快に見えながらも抜群の強度を持ち直射日光に強いタイプや、軽量ながらも強度の高いトラス構造でデザイン性の優れたカーポート。逆勾配の屋根を採用し住まいの外観の邪魔をしないタイプ。美しいアール状の屋根で温かみのあるデザインで横からの雨雪の吹込みを防いでくれるものなど、美観と強度を兼ね備えた種類が勢揃いです。

また、1台用のカーポートだけでなく、ご自宅の車両数に合わせて、2台用、3台用とサイズもお選びいただくこととができます。

近年の台風による被害報告も多いことから、最近では耐風圧強度が「40m/秒以上」のタイプなど、台風の風圧による影響を受けにくいものも多く登場しております。




■まとめ



ご家庭によってそれぞれどんな機能が適しているのか、どんなデザインが好みなのかは異なってくるかと思います。それぞれご自身の持つイメージに合ったカーポートで、愛車をダメージから守るのがいいかもしれません。

カーポートの選び方については下記のBLOGでご紹介しておりますのでご興味がある方はお気軽にご覧ください!