ペットが安心して暮らせるお庭とは?

 

ペットを飼っている場合、彼らが元気に遊べる庭があれば見ているこちらとしても安心ですよね。


人だけでなく、愛犬も居心地が良いと思える庭を作るためにはどのようなことに注意したら良いのかをご紹介いたします。




■愛犬が安心して暮らせる庭の4つの条件



① 脱走対策



まずは、外に出て車に轢かれるなどの事故を防ぐために脱走対策が必要です。庭は外に面していることが多いため、高くて頑丈な柵を設置しましょう。


特に身体能力が高い犬種の場合、どの程度の高さなら脱走しないのか事前に調べておくことが大切です。家や庭に合わせたデザインを選べば、脱走対策だけでなくデザイン性も高まりますね。



②安心して走り回れる地面



愛犬が安心して走れるような地面にするためには、土やウッドチップ、芝生を敷き詰めると良いでしょう。コンクリートで固めてしまうより犬が感じる足への負担が軽減されます。


注意点としては、芝生は夏になるとカットしないと伸びてくるタイプがあること、土は雨上がりには泥となってしまう可能性があることです。

芝生の手入れを面倒だと感じたり、犬の泥んこの足を拭いてから家の中へ戻す手間が煩わしいと思うなら、ウッドチップを選択した方が無難でしょう。



③清潔で安全な環境



庭ではガーデニングを楽しみたいという方も多いかと思います。しかし、中には毒性のある植物もあるので、愛犬がそれに触れてしまわないよう花選びは慎重に行いましょう。鉢植えなら倒してしまう可能性もあるので、地面に直接植える方が安全性は高くなります。


清潔な庭にするならば、おしゃれという理由で作る噴水はオススメできません。蚊の幼虫であるボウフラが繁殖するのが水場なので、雨水を溜めておくなどするのも同様に危険です。作りたいなら、犬が遊ぶスペースの外に作りましょう。



④遊べるスペース



犬を飼うとなると、毎日の散歩がネックになってくるかと思います。苦に思わない方もいますが、そうであっても天候に左右されて散歩に行けない日もありますよね。

そんな時に屋根がある庭があれば、愛犬も気晴らしができます。飼い主さんとしても、体調が悪い等で散歩に行けない日があっても罪悪感が軽減されるはずです。

愛犬がストレスをため込まないようにするために、庭は一役買ってくれています。




■まとめ


大切な家族の一員であるペットが家でのびのびと暮らすためには、庭があるとないとでは大違いです。

これから家の購入を検討しているのであれば、庭付きの物件に注目してみてはいかがでしょうか。